社畜系WEBエンジニアの消耗戦

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜系WEBエンジニアの消耗戦

修羅の国でせっせと働く社畜系WEBエンジニアのブログ

【詳細!Swift3】とりあえず知っておきたいXcodeの基本機能の話

Swiftで開発するためには、Xcodeが必要ですね。2週間位使ってますが、なんだか使いにくいなぁと思ってます。でも使わないといけない。つらいけど。

Why Xcode

Xcodeしか僕らには選択肢がないからです。

これまでの開発ではメインにSublime、たまにAtom。んでRoR始めたタイミングでRubyMineに乗り換えたわけですが、その慣れ親しんだエディタやIDE達ではSwiftアプリを作ることはできません。まぁもちろんエディタなんでSwiftも書けるんですけど、、それはちょっと違うよね。

んで、IDEってもんは色んな機能があるんで、まずはそれを知るところから始めないといけません。頑張りましょう。

プロジェクトの種類

新規でプロジェクトを作ると「テンプレートどれ使う?」って聞かれますよね。

f:id:nabeen919:20161112032556p:plain

  • Master-Detail Application
  • Page-Based Application
  • Single-Page Application
  • Tabbed Application
  • Game

いくつかありますが、まぁ僕達初心者はSingle-Page Applicationを使っとけば問題ないでしょう。というか、他のやつてどう使えば良いのかよくわからない(今は知る必要ないので調べません。

絶対にやっておいた方がいい設定

以下の2つはやっておいたほうがいいです。

  • 行番号の表示
  • コードブロックを閉じられるようにする

設定箇所はここね。

f:id:nabeen919:20161112230819p:plain

ショートカット

関数の説明を表示する

option + ロールオーバーでカーソルが?になったらアタックチャンス!クリックすることでその関数の説明を表示させることができます。わざわざGoogleに聞かなくてもいいので便利ですね。

定義元にジャンプする

Command + ロールオーパーでカーソルが指アイコンになったらまたまたアタックチャンス!クリックしたらその関数の定義元にジャンプすることができます。まぁ他のIDEでも結構標準でついているので、びっくりするモノではないですね。

おわりに

ここまで知ってればHello Worldくらいはできそうです。頑張りましょう。