社畜系WEBエンジニアの消耗戦

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜系WEBエンジニアの消耗戦

修羅の国でせっせと働く社畜系WEBエンジニアのブログ

昨年の振り返り(2016年)と新年の抱負(2017年)

diary

冬休みは全くコードを書かなかった僕です。ははは、エンジニアとして終わってますね。うけるー。せっかく心機一転、新年を迎えたので昨年の振り返りと新年の抱負をさくっと述べておこうと思います。

昨年の振り返り

昨年の6月に今の会社に転職し、はや六ヶ月が経ちました。

転職前は、顧客折衝と社内のディレクション、サーバーサイドのリーダー的なポジションをやりつつ、ネイティブのサーバーサイドをPHP(Phalcon)で書いていました。まぁ、会社的に悪くはなかったんですが、今後のこと諸々考え、福岡に転職。

現職では、PHPでの運用案件でサクッと現場に慣れて、その後は急に舞い込んできたRails+Swiftの案件に従事、年末にはまたPHPの運用案件に舞い戻ってきました(別にRails+Swiftが出来なかったわけではないですよ)。

実はコーディング自体の経験はそんなに多くなく、前職、前前職含め、顧客折衝やディレクションの方が多かった僕としては、「絶対的なコーディング量」を裏目標に掲げていましたが、あえなく撃沈。色んな技術に目移りしてしまったことが大きな敗因だと思っています。

具体的には、Railsやりてー、Kotlinって結構キテない?Reactだろjk、今の時代VRだよね、サーバーレス!サーバーレス!とかとか。どれもこれもつまみ食いばっかりで、全くと言っていいほど技術力が上がった実感はありませんでした。

裏話的な

前職はディレクションやら折衝業務とエンジニアリングのメンバーの垣根というか、兼務というか、やれるやつがやる、みたいなスタンスだったんですけど、現職はエンジニアメンバーとビジネスメンバーとスッパリ線引がされている感じなので、今を生きるために技術力を高めないといけない。

新年の抱負

昨年の反省を踏まえ、今年は絞ってやって行きます。そう、「圧倒的WEB力強化」。今年は、WEB周りの技術を深めていきます。

といっても、WEB周りの技術も深い。鬼のように深い。ということで更に絞ると、

PHP7で、Laravelで、MySQLで、Herokuに載せて、部分的にReact。もちろんHTML/CSS(SCSS)もね。

という組み合わせでコーディング力なり知識なりを蓄えていこうと思います。AWSじゃないのは、多分インフラまでやるとまた発散してしまうと思うから。アプリケーションエンジニアはアプリケーションが組めることが最低ラインと考え、超速で一本サービス作れるくらいの力をつけるのが、今年の目標です。正直、大規模サービスじゃないならインフラなんてそんなに気を使わなくていいんだよ!!(心の叫び)

もし時間が余ったら、AWS(かAzure)でインフラ周りの知識をつけるか、個人的に興味のあるVR(含むブラウザ)の方をやっていくつもり。

今更PHPかよ!とか、PHPなんて糞、とか言われるかもしれませんが、なんだかんだPHPで動いてるサービス、結構多いですからね。とりあえずこの辺りきちんと抑えておけばサラリーマンとして生きていくには困らないかな、と。

GoがいいからGoで書こうぜ!って考えも好きなんですが、知らない言語を使って書くよりは知ってる言語を使ったほうが、僕が最終的に目指す方向性に近いと思ってます(そもそも技術力だけで食っていこうとかは微塵も思ってないので)。

コーディング力を高める時間の確保

これが一番難しい。平日は帰宅してからだとあんまり時間がとれないし、細切れの時間になってしまいがちなので、ここもすっぱり割り切って、休日にGithubに草生やしていく。

平日は技術書読んだり、他のやりたいことに時間を当てたほうがいいかなっていう判断。

仮に土日に4時間づつ(やるとは言ってない)やったら、8h/week、32h/monthですからね。まぁ悪くない数字だと思いますよ、個人的には。WakaTimeでちゃんとトレースすれば、はっきり何時間かわかるし、この辺は外部サービスなり使ってしっかりトラッキングしていければいいなと、今時点では思っています。そう、思ってるだけです。

裏目標

もちろん今年も裏目標はあります。

今年の裏目標は、「外」。

これはいろんな意味があって、

  • 社外との繋がりを深める
  • 外部に向けて情報発信する
  • 単純に外にもっと出る
  • 対外的な市場価値を意識する

など。要は引きこもってても世界は広がりませんよ、社交性を高めて生きやすい人生にしましょうよ、ってこと。今年は色んな意味で外に出るぞ!